17
8月

バイク査定のコツ

コメントは受け付けていません。

乗らなくなったバイクを買取してもらおうと、バイク査定を依頼することがあると思います。

→※オススメはバイク王です。

売る側は、少しでも高い値段で買取して欲しいと思うものです。

バイク査定の値段が少しでも良くなるようにするには、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

基本ですが、査定をしてもらう(現物を見てもらう)前にそのバイクをきれいにしておくことです。

長い間乗っていなくてホコリがかぶったものなら、なおさらです。

バイクをきれいにするのに、特別な道具は必要ありません。

台所用の中性洗剤で洗い、ウエスで水分をきれいに拭き取り、あとは傷などがあれば目立たないようにするだけです。

第一印象がきれいだと、バイク査定をする人にも良い印象を与えることができます。

新車でない限り、石がはねた傷や倒した時についた傷はつくものです。

全ての傷を何とかしようとすると、かえって失敗することがありますので、目立つものやサビは落としておくようにすれば良いでしょう。

中古バイクなのですから、少々の傷はあるものとして査定されます。

また、査定に来た業者の人との会話も大切です。

最後は人と人との関わりですから、嫌な人だなと思ったら業者も買取しないでしょうし、こちらも売ることはないでしょう。

業者側は、本当に売る気があるのか、と見極めようとしています。

売る気がないのにただバイク査定したらいくらくらいだろう、というような人なら話しているうちにわかるそうです。

売る側も、疑問に思ったことはどんどん聞くようにして、納得できる説明をしてもらうことが大切です。

Comments are closed.